カードローンのスコアリング審査で評価される基準とは

カードローンのスコアリング審査で評価される基準とは

 

多くのカードローンで「スコアリング」と呼ばれる手法で、申込者を評価しています。

 

評価の高い人ほど審査が有利に、評価の低い人ほど審査が不利になるのです。

 

評価の低すぎる人は審査に落ちてしまいます。

 

この「スコアリング」では、どんな仕組みなのか紹介していきますので、カードローンへの申し込みを考えている人は参考にしてみて下さい。

 

○ 自動的に点数を付けている

カードローンに申し込みする際、年齢や職業など様々な属性を申告することが必要です。

 

この属性一つ一つに点数を付けているのが、「スコアリング」審査となります。

 

合計点数によって、審査合格不合格の判断を行う仕組みです。

 

コンピューターが自動的に点数を付ける「スコアリング」審査を行うカードローンが多くなっています。

 

人の手作業よりも、スピーディーに結果が出るため、カードローンの審査はスピーディーです。

 

○ 評価の高い属性

「スコアリング」評価が高くなりやすい年齢は30代40代です。

 

20代前半、60代以降は評価が低くなる傾向があります。

 

80代は特に評価が低くなりやすいです。

 

評価が高くなる住居形態の順番は次をご覧下さい。

 

本人名義の一戸建て 本人名義のマンション 家族名義の一戸建て 家族名義のマンション 社宅や寮 借家 賃貸マンション・アパート 公営住宅

 

評価の高い職業は次の通りです。

 

公務員 医師や弁護士 正社員 派遣社員 個人事業主 パート・アルバイト 年金受給者 主婦 無職

 

年収は多いほど、評価が高まります。

 

100万円以下の年収だと評価が低くなることが多いです。

 

勤続年数も長いほど、評価が高くなります。

 

勤続年数半年以下だと審査が厳しくなることが多いです。

 

「スコアリング」審査では、この他にも様々な属性で評価を行っています。

 
page top